2007.02.28 2月読了本
★1あなたの町の生きてるか死んでるかわから...菅野 彰 / 立花 実枝子07/2/28
★3翻訳家の仕事岩波書店編集部07/02/27
★4「これだけは、村上さんに言っておこう」...村上 春樹 / 安西 水丸07/02/27
6図書館危機有川 浩07/02/24
★7ナイチンゲールの沈黙海堂 尊07/02/23
★8本業失格松浦 弥太郎07/02/21
★9海馬が耳から駆けてゆく 4 (4)菅野 彰07/02/20
★★10言葉のなかに風景が立ち上がる川本 三郎07/02/20
11ベリーショーツ 54のスマイル短編よしもとばなな / ほぼ日刊イトイ新聞07/02/20
★12ジェシーの背骨山田 詠美07/02/20
★★13青い犬の目 G. ガルシア・マルケス / 井上 義一07/02/19
★★★14わが目の悪魔ルース・レンデル / 深町 眞理子07/02/18
★15くくしがるば遠藤 徹07/02/16
16学園のパーシモン井上 荒野07/02/16
17たぶん最後の御挨拶東野 圭吾07/02/16
★★18書評家〈狐〉の読書遺産山村 修07/02/14
★★★19ロウフィールド館の惨劇ルース・レンデル / 小尾 芙佐07/0
★★★20ロリータウラジーミル ナボコフ / 若島 正07/02/14
★21でかい月だな水森 サトリ07/02/14
★★23無銭優雅山田 詠美07/02/14
24小川洋子対話集小川 洋子07/02/14
25心ひき裂かれてリチャード ニーリィ / 佐和 誠07/02/14
26一杯の珈琲からE.ケストナー / 小松 太郎07/02/10
★27ゆれる西川 美和07/02/09
★28淑やかな悪夢シンシア・アスキス他 / 倉阪 鬼一郎07/02/08
★30ねにもつタイプ岸本 佐知子07/02/07
31チエちゃんと私 よしもと ばなな / 原 マスミ07/02/07
32おんぶにだっこさくら ももこ07/02/05
★33本の気つけ薬出久根 達郎07/02/05
34些末なおもいで埜田 杳07/02/04
★35おかしな人間の夢ドストエフスキー / 太田 正一07/02/04
★36密室殺人ゲーム王手飛車取り歌野 晶午07/02/03
37DEATH NOTE アナザーノート ...西尾 維新 / 大場 つぐみ07/02/03
38虹色天気雨大島 真寿美07/02/03
★39読書会山田 正紀 / 恩田 陸07/02/01
★★★40神無き月十番目の夜飯嶋 和一07/01/30
★★★★41コレラの時代の愛ガブリエル・ガルシア=マルケス / 木村 榮一07/01/31

・・・・・
★★29彼方より―諸星大二郎自選短編集諸星 大二郎07/02/08
2バスカビルの魔物 坂田 靖子07/02/27
★★22群青学舎 一巻入江 亜季07/02/14
★★★5少年少女漂流記古屋 兎丸 / 乙一07/02/24

・・・・・
だから・・
えっと。下が漫画だから
41-4=37冊か。

★が多いほど私の好み。

何しろ今月は
海外の本でぶっとびいいのがたくさん!

コレラの時代の愛(マルケス)の世界に浸ったのを筆頭に
ナボコフのロリータに酔い
遅ればせながらレンデルにはまった。
いや・・・まだレンデルは追求が終わってないけど。

評論系では
書評家〈狐〉の読書遺産(山村 修)がとっても良かった。
もと狐さん。
もう一回狐の書評をチェックしたい。
的確で簡潔な書評の見本だよなあ。
岸本さんのねにもつタイプ、つまらなくはない。面白い。
だけど私は前の本の大ファンだったので、その時の衝撃の方が大きかったな。

あと
神無き月十番目の夜は好きですよ、私。
時代物が入るのはほとんどないと思うけど。

ナイチンゲールの沈黙は
世評ほどは悪くはないと思ったり。
前作があまりに最初の割によく出来ていたのでお気の毒だけどね。(それは前作のほうがいいけどさ)

無銭優雅は若い人より年寄り向け(爆)
いい話だった、しみじみと。
これとばななのチエちゃんとわたし、がものすごく語っていることは同じなのに違うアプローチで好みがわかれると思う。両方好きな人もいるんだろうけど。
私は断然詠美!!