評価 3.7

予告している相手のところに、謎を解くといって颯爽と現れる魔神尊。
木塚という人物をとらえて、ここに連なる血脈の謎を解く・・・・

こういう趣向なので時制が飛ぶ。
一種のSFでもありミステリでもある。
でもミステリ部分はそれほどでもなく、どちらかというと横柄な魔神と、もぞもぞしている情けないワトソン役の木塚一族のやり取りの方が面白い。

この中で私がわからなかったのが夏至祭2008。
読み落としなのかと思って何度か読んだがよくわからなかった。
なんだろう。これは。

以下ネタバレ

・夏至祭の木塚は女性?男性?