2月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:4047ページ
ナイス数:153ナイス

道化師の蝶道化師の蝶
素敵。
読了日:02月29日 著者:円城 塔
奇面館の殺人 (講談社ノベルス)奇面館の殺人 (講談社ノベルス)
面白い。
読了日:02月29日 著者:綾辻 行人
罪悪罪悪
とてもよかったです。
読了日:02月29日 著者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
テロリストのパラソル (講談社文庫)テロリストのパラソル (講談社文庫)
今まで読まなかった自分を責めました。でんぐり返ししたいくらいに楽しんだ小説でした。
読了日:02月29日 著者:藤原 伊織
角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)
ま。
読了日:02月29日 著者:白河 三兎
美しい書物 (大人の本棚 )美しい書物 (大人の本棚 )
名文だなあ。美しい書物と言う前に、美しい文章なのです。上品でそして落ち着いた文章が読ませます。特に犀星との話が絶品。
読了日:02月29日 著者:栃折 久美子
謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
思ったよりちゃんとしたミステリがありました(失礼)。執事影山はいいんだけど、風祭がいらない、と思ったのはきっと私だけでしょう。推理部分とか面白いんだけど、笑い部分はくすりとも笑えませんでした(失礼)笑いのツボが違うので。
読了日:02月29日 著者:東川 篤哉
奇想、天を動かす (光文社文庫)奇想、天を動かす (光文社文庫)
とても好き。冒頭の話が乱歩っぽく、終わってみれば、 社会派推理小説でありながら、トリックも楽しめ、幻想っぽいところもあり、終始ぞくぞくしていました。
読了日:02月29日 著者:島田 荘司
ピース (中公文庫)ピース (中公文庫)
こういうのはどんでん返しではないと思うけれど、それより思わせぶりの伏線回収が惜しいかも。この人間は必要なのか?というのもわからなかったし。ただ、犯人の気持ちはわかります、ここまで持続するかどうかどいうのは別にして。推理小説としてよりも人間描写を面白く読みました。樋口さんの文章、とても好きなので、そこは贔屓目で。
読了日:02月29日 著者:樋口 有介
閉鎖病棟 (新潮文庫)閉鎖病棟 (新潮文庫)
陰々滅々の話と思いきや、感動の物語でした。生きるって何だろう、正常と異常の違いって何だろう、と思いました。
読了日:02月29日 著者:帚木 蓬生
裏返しの男 (創元推理文庫)裏返しの男 (創元推理文庫)
ああいう終わり方をした「青チョークの男」の恋愛部分も非常に気になったので、こちらも。女性が主人公で描かれていて、狼男の物語。ロマンスもあり(男女のボルテージの違いを堪能)加えて、やっぱり驚きのラストがたまりませんでした。ヴァルガス作品を私は好きみたい。
読了日:02月29日 著者:フレッド・ヴァルガス
青チョークの男 (創元推理文庫)青チョークの男 (創元推理文庫)
伏線がまず回収されているのが好感度大。加えて、青チョークという特異な出来事がプラス点。驚愕もあり、好きな推理小説です。
読了日:02月29日 著者:フレッド ヴァルガス
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
軽く読むのにはいいのかなあ・・・又吉に興味があるのならこの話面白いと思いました。個人的には、これだけいい選書なんだから、本のみを語って欲しいと思ったけれど。
読了日:02月29日 著者:又吉 直樹

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター