ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2014/02/07)
トマス・H. クック

商品詳細を見る

まず海外本で。
クックは大好きなので、贔屓目もあるかもしれませんが・・・・。

とても面白く読みました。
冒頭の湖場面から始まって、彼の死を納得できない友人が彼の死の真相を辿っていくうちに、苦い真相に突き当たる・・・
過去に戻って過去を調べていく話、そういうのが好みなので、異国情緒を楽しみながら読むことが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・
ペテロの葬列ペテロの葬列
(2013/12/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


日本ではこれかなあ・・・・
ちょっと躊躇いがあるのは、あることがラストに起こるからで、そこまで「ミステリ」を堪能していると、新たなることが起こり、このシリーズの長年の読者は、ええええっと思うわけです。
そこは賛否両論あるだろうなあと。
そして、タイトルのペテロの葬列がそこでもきいている!とは思うのですが。

しかし、それより何より、全体のミステリ部分が素晴らしく登場人物全ての動きと息遣いが見えるのです、人間の好意も悪意も全てがこちらの胸に突き刺さってくるのです。
バスジャックを突然した老人の意図はなんだったのか。
そしてそのバスジャックに居合わせた人達の人生はなんだったのか。

老人の生活を紐解いていくうちに、一つの人生どころか多くの人生が浮かび上がってくる、そういうところが読ませるかなあと思いました。