評価 5

映画を見るために読んだが、思っていた深刻なヒトラーの話とは違って、話としてとても面白かったのだった。
ある意味、タブーに触れているのかもしれない、この本は。
なぜなら、「本物のヒトラー」の思考が随所に出てきて、読んでいて思わず引き込まれていくからだ。
そして・・・
異常な人、タブーの人、触れてはいけない人、恐ろしい残虐な人、のヒトラーの、この率直な姿に驚きをもって接することになった。
註が非常によくできているので、過去のヒトラーの生きた時代の出来事について一般的な知識しかない私には知らないことがたくさんここにもあった(ドイツ国民には知識があるのだろうが)。

ヒトラーがこの世界に意味なく突然甦った。
自分でも訳が分からない。
ただただ茫然として立ち尽くすヒトラーなのだが、偶然キオスクの人のいい男性に拾われる。
ドイツの今の現状に色々思うヒトラー、しかし彼には以前の知識しかなかった。
そして見いだされ芸人として成功し始めるヒトラー。
そして、彼は新聞社相手に堂々とやりあうのだった・・・


ブラックユーモア、というのが私には捉えがたかったのが正直なところだが、笑えたのは、齟齬、だった。
ヒトラーが思っていることを言う(なんせヒトラーそのものなのだから)というのと、あくまで彼を芸人のどこからともなくやってきたヒトラーと思っている周囲の人々との齟齬・・・
どんなにヒトラーが真面目に話していても、相手は(そうね、その時代の知識を膨大に持っていて、ちょっと頭がおかしくなりかけているが演説だけは滅法うまい自称ヒトラーさんなのね)というごく当たり前の対応をする。
この中で秘書になる女性が、実は祖母がユダヤ人で一家がホロコーストにあったという重い話題が出てくる。
このやり取りの中でも、齟齬、がある。
一方で単純に人間的に謝ってほしいと思う秘書の女性と、政治的判断をしてそれは正しいことなのだが秘書の女性の言っていることが、最終的に自分の意見と一致するとみるヒトラー。

またこのヒトラーの演説が真に迫っている。
聞かせる力があるのだ、これだったら人が聞くだろうという演説だ。
新聞社との丁々発止のやり取りも、一見ヒトラー側が負けたように見えた(なぜなら新聞社のいっていることの方がまともだから。ユダヤ人差別はいけない)
ところが、これもヒトラーの詭弁と人間性(?)に阻まれて、ヒトラーの勝利となる。
このあたりもあざといくらいにうまく描けている。
読んでいると、ヒトラーが憎めない人間的な人物で、インターネットを知らないでインターネッツと言ったりするところすらかわいく思えてくるから不思議だ。
そして何よりも、恐ろしいほど、現状把握能力にたけている人物なのだ。
混乱の最初から(死んだと思っていたのにいきなり未来に来た人間なのだから当然混乱する)、立ち直りの速さはピカ一なのではないか。
好奇心も旺盛で、何がどうなっているか、どの政党がどうだったか、自分の死後ドイツがどうなったか、ということにまで精通し始める。
右往左往するマスコミ業界の人々、新聞社の人々、また、ひいては政党の人々が滑稽に映る。
そして、こういう宣伝媒体の使い方をヒトラーは知り尽くしているのだった・・・・

・・・・
また、イギリスのEU離脱がおりしも話題になっているが、ヒトラーはEUの弱点をもぱっと看破しているのだ。
ドイツ首相への一言や、閣僚への言葉なども侮れない。
解説にもあったが、難民問題が出てきた今の現状をこのヒトラーに見てほしい、なんというか聞いてみたい、と思ってしまう人間性があるのだ。

最後、私は、「ヒトラーが元の位置に戻る」→「みんな茫然」というストーリー展開を予測していた。
それとはまったく違ったのだが、こうなるのがとてもとてもわかる本だった。

(表紙が秀逸(単行本もあちらの出版物も同じだったようだ。
髪型と髭だけで人間が誰かわかるなんて!
また髭を題名にしたのも素晴らしい)