音もなく少女は (文春文庫)音もなく少女は (文春文庫)
(2010/08/04)
ボストン テラン

商品詳細を見る


評価 4.5

限りなくいい本なんだろうなあ・・というのは重々分かりつつ、私には強烈にはヒットしなかった本だった。
決して小説として悪い出来ではないのだけれど。
重層的に話が重なり、あるところで暴力が起これば、そのあとに同じような男性からの暴力が起こる・・・
主人公と絶えず共鳴しているような母クラリッサの話、
そしてナチスにかつて翻弄され人生を台無しにされたフランの話、
そして怒りに溢れているイヴの話。
難聴ということを軸にして、それぞれの女性の思いとかつながりと結びつきが繊細に色濃く出ている作品だ。

最初の方は耳が聞こえない少女、の話ではなく、彼女の母親がいかに夫から虐待されていて上の難聴の子供を亡くし次の主人公の子供を生むまでのそして生んでからの葛藤を描いている。
ここにとても重要な人物孤高の女性フランがあらわれ、母のクラリッサを支援する

この前半がどちらかといえば、私は好きだった。
クラリッサの聖性のようなものが文章全体から滲み出てくるのだ。
神に耳を傾けるために教会に行く、この場面をイヴがあとあとになって思い出すところがなんとも味わい深い。

いつもいつもイヴのどうしようもない父が前半は陰のように付きまとっている。
これはイヴの母、クラリッサが逃れられないのと同じことだ。
そして後半になると、今度はイヴの彼の義理の妹の父親に付回され、これまた悲劇の発端になる。
(イヴの彼の家は義理とはいえ、素晴らしい家庭環境なのでここは読んでいてほっとする場面だ。)

写真ということでイヴは語っていく場面もまたとてもよかったと思う。
言葉がないが映像として描いていくという作業・・・これがまた父の逮捕に繋がり、父の恨みを買っていくというジレンマにも陥るのだが。

男というものの醜さを前面に出し、女性達が立ち上がっていく・・・
この男達の執拗な陰湿な嫌がらせの毒気が私には辛かったのだ。
そしてクラリッサの最後があまりに辛すぎる・・・