アンティゴネー (岩波文庫)アンティゴネー (岩波文庫)
(1961/09/05)
ソポクレース

商品詳細を見る


評価 5

オイディプスの子供のアンティゴネー(娘の一人)が、兄達二人の殺しあいがありそれを放置して弔いもしない現在の王に抗議して葬儀をする、というところから始まる。
現代の王に反逆といってもそれは叔父さんだ。
更に、その叔父さんの息子と、アンティゴネーは婚約している、いわば恋仲だ。
それでも自分の意志を貫きとおし、幽閉されてしまうアンティゴネー。

話はここまでも十分面白い。
絶対君主の王に逆らうけなげとも頑固とも見えるアンティゴネーの姿が忘れがたい。
しかし話の面白さはここからで、王の息子はアンティゴネーの死とともに自分も自害してしまう。
そして更に、それを見た母(王の妻)もまた自害。
こうして王は一人ぼっちで取り残される・・・・

理不尽と思いつつ、最初に弔いをしていなかったのがいけないと思ったりもした。
更に、これがあったのはオイディプスが父を殺し母とのあいだに子供を作った(それが殺しあった兄とアンティゴネーでもある)という因果関係もある。
どこまで辿っていけばいいのか、悲劇って、という話でもあると思ったのだ。
西洋の話なのに、因果は巡るみたいなところがあるのが実に東洋的であるとも思った。