破滅の箱 トクソウ事件ファイル(1) (講談社ノベルス)破滅の箱 トクソウ事件ファイル(1) (講談社ノベルス)
(2010/08/05)
牧野 修

商品詳細を見る

再生の箱 トクソウ事件ファイル(2) (講談社ノベルス)再生の箱 トクソウ事件ファイル(2) (講談社ノベルス)
(2010/08/05)
牧野 修

商品詳細を見る


評価 4.2

牧野修をほとんど読んでないのでこれがどういう位置になるのかはわからない。
好きな人にはたまらない世界だろう。


ある町金敷市があり、そこが悪意を呼ぶ町のようになっている。
次から次へと起こる異常な犯罪。しかも自殺率も高くなっている・・・・
これを地獄の季節と言う・・・

これに対して厄介者が集まるトクソウに来るのは
自称霊能者や呪われた青年や宇宙人警戒の人などの奇妙な人々ばかりだ・・・・


まず最初の話から度肝抜かれた。
のほほんとトクソウに来た若い警察官が章の終わりでこのようなことに・・とても章の最後で驚いて、読み違えているのかと思って何度も読み返したが、どうやらこういうことらしい。
そのあとも、ばんばんどんどん凄惨な事件が容赦なく降り注いでくる。
この金敷市というのはまるでバットマンのゴッサムシティーのようだ。
悪意が充満してそれで住人全員が汚染されていく、みたいな感じだ。

この悪意がなぜ起こったのかというのが途中で明かされていく。
黒崎、奇妙な家、そして怪しげな新興宗教・・・
キアラの死者が見えると言う能力(これは破滅の箱ではよく意味がわからなかったが、再生の箱、存在意味がわかるような仕掛けになっている)
このなぜ悪意を増長させ起こらせるか、という部分の洗脳の流れのような理論のところが非常に読ませたと思う。