2010.10.09 白銀ジャック
白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


評価 3.5

スキー場に脅迫状が来てどこかを爆破する、様な話で始まる。
以前ここで奥さんをなくした(しかも犯人は捕まってない)男とその子供がやってくる。
ちゃらい若者集団がやってくる。
年配のスキーヤーがやってくる。
そしてそんな中、禁断のゲレンデがまた恐怖に晒されている・・・・

最初の方から何だか読めた作品だった、この構造的なものが。
だって犯人が爆破すると言っているのだから、
・身代金目的か
・でなければ、それによって何らかのメリットがあるんじゃないか
そんな想像はつく。
そうするとおのずと見えてくる構図がある。

だからなんだか最後驚かなかったし、はあそうですか・・ぐらいしか思い浮かばなかったのだ。
非常に残念だ。