2010.11.29 第二音楽室
第二音楽室―School and Music第二音楽室―School and Music
(2010/11)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


評価 4.4

小中学生の時の気持ちってこうだったんだろうか?
なんだか忘れてしまったと言う自分が情けない。
初々しい、同級生に対する気持ち(男女問わず)がどの作品にも溢れ出ている。
音楽を通じて人と人とが結びついていく様、が描き出されていた。
どちらかと言えば、児童文学にかかっている話でもあるけれど、大人が読んでも十分通じる小説でもあった。

私が好きだった話は、デュエットだ。
短いけれど、変声期前の男の子と、その子を仄かにいいと思っている女の子が美しいデュエットをする姿がとても印象深かった。

年代も男女も登場人物も違った4つの短編がここにある。
最後の裸樹がまたいじめの話でこれがやや辛いなあと思った。
教育現場の話になると必ずこの頃こういうイジメの話が出てくるがこんなに多いのだろうかと暗澹とした気持ちになる。

ただ・・・
最初の話でウチ、ウチら、という言葉に私は馴染めなかったが・・・・