本は、これから (岩波新書)本は、これから (岩波新書)
(2010/11/20)
池澤 夏樹

商品詳細を見る


評価 4

正直本にまつわる「読書そのもの」の話、ではなく、本の「媒体」の話、というので普通程度に面白い、という読み心地だった。
論点とか、立場とか色々あるので、ズレはあるものの、言っていることに大差がないように見えるのは気のせいだろうか。

電子書籍と既存の紙の書籍問題というのは読書家なら誰でも一家言あるはずだ。
この37人の方たちもそれぞれの立場から論じている。

一番目からウロコだったのが内田樹の「電子書籍だとどこを読んでるかわからない」という発言。
また池上彰の「本を読んでいる国は発展する」というのは些か強引とも思えるけれど一面ではあると思ったのだった。
町の本屋さんの幸福書房の現場の書店の話が実にリアルで面白いなあとも思った。