2010.12.15 最後の哲学者
最初の哲学者最初の哲学者
(2010/11)
柳 広司

商品詳細を見る


評価 3.8

あまりのこの小説の意図を理解できなかったのだが・・・
これは、リライトしたギリシア神話といったところなのか。
新解釈があるといってもそれはそこまでのものでもないような気がしたし・・・

章タイトルを見て、
(これは既存のギリシア神話を作者がどうにか料理をして「全く」別のものに仕立て上げた小説なのか)と期待したのだが、そのもの、だったのは若い人向けなのか。
あまりに知っている話をまた繰り返されても、という想いが強かった。

最後のヘロドトスの話のヒストリエが比較的読ませたように思う。