2011.05.24 おかしな本棚
おかしな本棚おかしな本棚
(2011/04/20)
クラフト・エヴィング商會

商品詳細を見る


評価 4.4

遊び心に満ちた、エヴィング商会らしい本なので、「本の内容に突っ込んだもの」を期待すると違うのだろう。
色々な本棚名が軒を連ねる。

曰く、年齢のある本棚、
曰く、頭を真っ白にする本棚、
曰く、とっておきの本棚・・・・

ぱらっと見ていって
ここにはこういう本が入れられているのか!とか
この分類にこういうのが入っているのか!とか
そこにつけられたエッセイを楽しむとか(やや本に触れられているとはいえ内容に強烈に触れてはいない)
目で楽しむ本だと思った。

持っていて羨ましいなあ・・と思う本も何冊かあり、そこは背表紙にぐいっと見入ったのだった。
内容的なことではないけれど、前半、写真と文章がばらばらになっているのでとても読みづらく、後半、写真と文章がようやく一体化しているのでそこで落ち着いて読むことが出来るようになった。

装丁した本棚、というところを見ると、エヴィング商会が装丁した本を結構読んでいたなあ・・・というのが印象的だった。