2012.01.22 奇縁まんだら
奇縁まんだら 終り奇縁まんだら 終り
(2011/12/21)
瀬戸内 寂聴

商品詳細を見る

 
評価 5

今回、文壇の人もだが、社会的に話題になっていた人も多く、私が知らない人も多くいた異色の一冊だったが、それでもとても楽しめた。
いつもながら横尾さんの絵がまた話を盛り上げてくれる。

ちょっとした断片、ちょっとしたその人のエピソード、なのだが、どれも面白い。
覗き見趣味ではなく、それがその人のある一面を如実に表現しているので惹かれるのだろう。
・パールバックの両方の祖国に対する思い
・ボーヴォワールの尊大さに対する日本女流作家たちのぷんぷんぶり(笑えた)
・岡田嘉子に対する瀬戸内さんの心持ち
・声が聞こえてきそうなのんびりとした岸田今日子とのやり取り

どれも楽しく、そして印象深い話であった。