2012.01.28 考えの整頓
考えの整頓考えの整頓
(2011/11/01)
佐藤雅彦

商品詳細を見る


評価 4.9

刺激的で相変わらず佐藤雅彦の本は非常に面白かった。
この発想の豊かさの源泉ってどこにあるのだろう。
何かから何かを想像する。
何かから何かを連想する。
これが、一見ばらばらのようなもの、なのに、見事に最後でまとまっている技が素晴らしい。

人が記憶の中に入れる「敵味方」の感情の話を一番面白く読んだ。
また音楽を聴いていたイアフォンが耳当てに変化したその瞬間の話も実にわかった。
こういう事って誰にもあることだと思うけれど、言語化するのがとても難しい話だと思う。
それを言葉にしてこちらに伝えてくれしかも面白い、というのが優れているところだ・。