帰ってきた海馬が耳から駆けてゆく (2)

評価 4.9

げらげら笑いながら読んだ。
海馬シリーズも二冊目だけれど、菅野彰の快進撃はとどまるところを知らない。

最初のほうのずっこけ(と見える)沖縄旅行も大爆笑で、これだけ酒飲みが揃っている旅行で実に楽しそうだ。
途中から原発(作者が福島にいる)の話になるがここは日記形式なのでしみじみと読んだ。
母ののんびりさに笑いながら、笑ってる場合じゃないんだ!と思ったりもした。