第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

商品詳細を見る


評価 4

取り上げられている本はとても興味があるし、よくこれを読んでるなあと思う。
またラストの中村文則との対談もまた興味深い。

この本、自分の思いでと共に本を語る、というのがメインテーマになっている本なのでそこが好悪の分かれるところだと思う。
正直なところ、又吉に何も興味がないので彼の思い出をつらつら語られても・・・という部分があった。
あまりにパーソナルな歴史を語られても、どうしたらいいのかわからない。
最後の数行(が多い)の本の感想がもっともっと長いほうが私の好みでもあった。

とはいえ、この自伝のような思い出部分と本の感想が巧く入り混じっている部分もあるのでそこは心憎い。
特に又吉が思いいれが深いらしい太宰の本に対する一文は、混在振りがとても好感が持てたのだった。