2012.10.03 わたしの物語
わたしの物語 (創造するラテンアメリカ)わたしの物語 (創造するラテンアメリカ)
(2012/07/27)
セサル・アイラ

商品詳細を見る


評価 4.4

読み始めてすぐにどろどろアイスの話が出てくるので、それを読みながら表紙を見ると味わい深い。
そう思っていたら・・・・

修道女にいかにしてなったかの話、と書いてあるのに一言もその点に触れていない。
どころか、語り手は一人の女の子。
で、あったはずなのに、なんだ、男の子、だったのか・・・まぎらわしいな・・と思っていたら、やはり女の子だったか、と語り手の性別すらぐらぐらしている。
とりあえずお父さんは刑務所に行って(それもこれもアイスのせい)、お母さんと地味に刑務所から出るのを待っている少女らしい。
そして病院に入院している子供になったり、そう思っていたら学校に行ってそこに思い切り厳しい女性教師がいたりと話はめまぐるしく動く。
動いているのでとらえどころがない。

そしてラスト、唖然とする展開が待っている。