ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
(2014/01/24)
三上延

商品詳細を見る


評価 4.9

今回はミスリーディングが仕掛けられていてそこが特に面白い(ちょっと偶然が多いという気はするけれど)。
あいだあいだに入った、断章もある出来事の裏側、がさりげなく別の視点で語られていて趣向が凝らされている。

相変わらず、おどおどしている栞子さん。
年の割に幼い感じ、巨乳、長い髪形、本の話になるととたんに能弁になる栞子さん(このあたりの設定が私には違和感。巨乳とか必要なんだろうか、と毎回思う)
また本が読めないという無理やりの設定の大輔君(この設定も無理やりっぽい。読めないって・・・)。
この二人の恋物語というのも裏側に潜んでいる。

そしてこの二人の恋物語は、私にはどちらかと言うと興味がなく(ほぼ興味がなく)、手塚治虫の話とかが大変面白かった。
版によって細かく違う、目次の並び方が違う、反抗的な息子が、幼い時に父が危篤の母を待たせて古本屋に駆け込んだわけとは、など読ませるものがあった。
そして寺山修司。
なんでこの作者は心を掴むような作家を選んでくれるのだろう。

5月の末に告白に対する答えを栞子さんから待っている書店員の大輔君。
過去との繋がりが徐々に開いていく・・・

栞子さんと母との確執というのは前巻までにも語られているのだが、そこもまた読ませるのだった。

以下ネタバレ
・最初の愛のゆくえの話のやり取りは、どう読んでも最初は
栞子さんと大輔君とのやり取りに見える。
しかし最後まで読むとこれが
栞子さんのお父さんとお母さんの出会いの話、だと言うことがわかる。
(ここで5月末までというのが親子で重なっているのが偶然すぎると思ったのだった)