読み出したら止まらない!  国内ミステリー マストリード100 (日経文芸文庫)読み出したら止まらない! 国内ミステリー マストリード100 (日経文芸文庫)
(2014/03/06)
千街 晶之

商品詳細を見る


評価 4.9

とても好ましい本だった。
一段上から教えると言うスタンスでもなく、かといって奇を衒っているわけでもなく。
実に王道でいながら、更にいいところは、同作者の他の作品も薦めてくれているのも嬉しいが、
もしその本が好きだったら
「他作者の同じ系統のこの作品はいかがですか」
と教えてくれているところだ。
そしてその教えてくれている作品がピントをはずしていない。
更に言えば、一つのミステリ作品でもどこの部分を切り取るかで次にお勧めの本は変わってくる。

この本、そこの部分が色々な切り取りがあって読んでいてなるほどなあ・・と面白い。
たとえば水中眼鏡の女(逢坂剛)の次に読む作品として、精神分析系だったら、深い失速(戸川昌子)、かくも水深き不在(竹本健治)、吸血鬼と精神分析(笠井潔)があげられているが、ラストにコミカル路線として、奥田英朗の伊良部シリーズがちょこっとあがっていて(そうだ、これもその類と言えば類だなあ・・・)と思ったのだった。

それにしてもある年代の本がごっそりと絶版になっている悲しさといったらどうだろう。
これを機会に復刊して欲しい。