2014.07.12 眺めのいい人
眺めのいい人 (文春文庫)眺めのいい人 (文春文庫)
(2013/05/10)
伊集院 静

商品詳細を見る


評価 4.8

伊集院先生・・・・
この作品を読むともっと憧れる・・・

この本は、色々な人に出会った話が集約されている。
いわく、色川武大、高倉健、北野武、井上陽水、宮沢りえ・・・・
大人の男の物語がそこには広がっている。
だからこそ憧れるのだ、同じ話をしてもきっと違う受け止め方しかできない人もいるだろう。
しかし伊集院静は、そこから何物かを引っ張り上げ、掬ってみせるのだ。
そこが読ませる。
それは、上に書いたような有名人からの交友からだけではなく、競馬場にいる人からの一言、市井にいる人の一言、からも容易に彼は引き出している。
そして芳醇な文章でそれを私たちの目の前に出してくれている。

これこそ大人の男性ではないか。
無頼派であり賭け事師であり、胡散臭さも付きまとうのになぜか惹かれる伊集院静的生き方。
そこに魅せられた。