ぶたぶたの本屋さん (光文社文庫)ぶたぶたの本屋さん (光文社文庫)
(2014/07/10)
矢崎 存美

商品詳細を見る


評価 4.8

今度は本屋さんのぶたぶたさん!
実名の本が出てくるので楽しいこと楽しいこと!
やっぱりこういう本って、実名の本が出てくると楽しさ倍増だ。

そしてぶたぶたさんが推薦する本で、横山秀夫が出てきたのに大笑いした。
私も大好きな作家だが、どちらかというと中年男性が好きなイメージがあるので、ぶたぶたさんはそういえば中年男性だったんだ!と思い至ったのだった。
しかも数ある中で、影踏み!
おいおい!と突っ込みたく、そしてこの仕掛けにも大爆笑したのだった。

ブックカフェやまざきの店主ぶたぶたさん。
そして彼は同時にコミュニティFMのラジオに出ていて、お勧めの本を紹介している。


皆がちょっとだけ驚くぬいぐるみのぶたぶたさん。
でもそこで悩みを持っている人たちに、これを読めば・・・とさりげなく差し出す本の温かさがここにはある。