高山なおみのはなべろ読書記 (ダ・ヴィンチBOOKS)高山なおみのはなべろ読書記 (ダ・ヴィンチBOOKS)
(2014/11/07)
高山 なおみ

商品詳細を見る


評価 4.8

ダヴィンチ連載時から大好きなコラムだったので、大喜びで読んでみた。
本にまつわる食べ物の話、そしてレシピがカラー写真つきで出ている、なんて豪華な一冊だろう。

読んだ本もあったし、読んでない本もあった。
すいか、とかは、これを読んでまた読んでみたくなった、あの世界に浸りたいなあと。
書き出してあったところは馬場ちゃんの言葉で
もしこの作品から私が抜き出すとしたらここだろうなあ~と思ったところだった。

「私、そんな大切なもの、三億円ぽっちで手放しちゃったんだよね」

・・・
日常からふわりと本に着地し、そこから生まれた料理の方にジャンプしていく。
この身軽さの見本のようなさらさらとしたエッセイなのだった。
梨木香歩、堀江敏幸、小川洋子・・・と気になる作家の気になる作品がどんどん続いていく。
読んでいる作品だと尚更面白いし、未読だと読んでみたいなあと感じてしまう。

・・・・・・

(ところで、目次が食べ物のタイトルになっているけれど
それぞれの書名を出して欲しいと思った。
でなければ、書名索引を最後につけるとか。)