ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫)ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫)
(2010/02)
小林 聡美

商品詳細を見る


評価 4.7

なんだか裏バージョンのようだ、三谷幸喜のエッセイの。
同じ動物達(とびとかおとっつぁんとか)が出てくるせいだろう。

いい意味で気が抜けたエッセイで読んでいてほっこりする。
タイトルは自己啓発の本からなのだが、これがまた説得力がある文章だ。
また、占いの話があるが、これが出た時点と今と彼女の状況が違っているので、あとからこういう占いを検証してみると実に複雑な気持ちになってくる(私もだが、ご本人もきっと)

白い布を下において撮影する方法、
髪型の変遷、
時代劇のかつらの話、
かもめ食堂のロケの話、
とのんびり読んでいると、心がほこっとするのだった。