晴れた日に永遠が・・・晴れた日に永遠が・・・
(2014/12/23)
中野 翠

商品詳細を見る


評価 4.9

年末読む恒例行事が、ついつい年始に・・・
年末読むとその都市一年を振り返られる、時事もそうだが、映画とか本のことでも。

そして年始に読んで、すでに忘れていること、というのも多かった。
そういえば、STAP細胞はさすがに覚えているが、これが最初に華々しく出たのは去年の年始だったんだ、とか、どのあたりからダメよダメダメがはやりだしたのかとか、佐村河内さんとか(もうここらはおぼろげになってる))、某漫画問題とか(これも申し訳ないが忘れていた)、号泣議員は覚えているがなんだか薄くなってるし、ゴジラが還暦とか。

事件事故というのは風化どころか自分の身に降りかかってない限りすぐに遠のくものだと思った。
中に鴎外の話が出てきてこの不思議なつながりが面白い。
ラッシュと言う映画は私も見たが、これも遥か昔のような気がしていた・・・。