評価 4

つまらなくはないが・・・・。
媒体が色々なもののせいもあるが、統一感がないと思った。
とりあえず同じテーマで繫がっているというのを打ち出してはいるのだが。
あと同じことのために(媒体が違う)、文体が違う。
・・・だ、調で終わっている文章から、突然・・・です、調に移る違和感と言ったら。

だけど、話としては今までのものの焼き直し感があるものの、読ませはするのだ。
これが作者の最初の本だったらきっとほおーーーっと思うことが多かっただろう。