評価 5

何度この本、読んでるんだろう、私は。
今回読んだのは、最新刊の村上春樹のエッセイを読んで再読したくなったのだった。
これがなかったら村上春樹の作品群は多分生まれてなかったのだろうから。

これからの村上春樹の全て、がやっぱりつまっている本だと思う。
翻訳文学のような文体、ぶつ切りのように切れ切れに出される事象、鼠との興味深い会話、亡くなった彼女がさらりと語られているけれどそれが意外に近い時期に起こった事実、しゃれた一つ一つの言葉の選択、そして過去へのノスタルジー、

そんなもの全てが溢れている。
そして、ここから村上春樹は間違いなく始まったのだと実感した。