今月はこれが一番に頭に浮かびました、良い本として。
村上春樹の足跡と言うのも勿論なのですが、彼の本に対するスタンス、自分の本が翻訳される過程、小説家というものの存在感、など読むべきところが多々ありました。
これだけのベストセラーを出している作家の気持ちと言うのはどうなのか、というミーハー的な気持ちもありました。

読んでみて思ったのは、ストイックと言う言葉でした。
体に対しても本に対してもあきれるまでのストイックさがあり、村上春樹の世界が構築されているのだと思います。
改めて、この本を読んで処女作を読んでみたくなりました、再々度。

・・・・・・・・・・・・・・・・


これは、ミステリとしてよりも、心の動き、主人公の成長を見る、世界の貧しい地域での出来事に圧倒される、ということで感動しました。
苦悩している主人公、自分に問いかけ続けている主人公の姿がとてもわかりました。