2015.11.18 我が家の問題


評価 5

前作、家日和がとても良かったので、シリーズのこちらも続いて読書。


これまた良かった。
取り上げようによっては深刻な話、になるような話をユーモアとペーソスでうまくコーティングしている。

甘い生活?がわかってわかって、笑いながらこれまたどきっとしたのだった。
誰に相談しても、お前がわがままだと言われる新婚生活。
妻には何の瑕疵もなく、一生懸命尽くしてくれて、遅かったら遅かったで夜食まで作って待っていてくれる。
でも夫は帰宅したくない、挙句の果てに近所の喫茶店で一服して帰宅するようにさえなる・・・
夫が妻を分析していく様子が痛いほどわかったのだった、こういう女性って多いんだろうなあと、思い出作り、とか、スタンプラリーとか、ブランド集めとか名所旧跡で写真を撮る話とかをこういう形で分析すると、そうだなあ・・・と改めて思った。

ハズバンドは、最初妻の勘違いかと思った、妻がふとしたことで、夫が社内で仕事が出来ない、馬鹿にされている存在だと言うことに気づいたのが。
でもそれは真実であって、それに対して、妻は悩む。
悩むがここからが妻の優しさであって、お弁当作りに励んでなんとか夫を楽しくさせてあげたいと思ったりするところがいじらしい。
姑とかのとんちんかんな真実を知らない物言いにも冷静に対処している身重の妻が本当に愛らしい。

夫とUFOの妻もまた素晴らしい。
UFOと川原で交信していると言い放つ夫。
妻は頭を抱えながら、こっそり彼の後をついていく。
2回目に行ったときに
「これからおとうさんを救出してきます」
と子供に言うこの姿に泣けた。
そして彼女のとったとっぴな行動も、そしてそれにこめられた愛にも泣けた。
普通ここで怒るだろう、でもこの妻はものすごく正しい選択をしたのだ。

・・・・・・・・・・・・
小さなことが毎日起こる家庭。
それをどのように対応していくか、どういう受け止め方をするか、それはとりもなおさず、
「生きていく」と言うとの中での小さな困ったこと、に対する対応と繫がるのだと思った。