まずは海外本から。



美女との燃え上がる電撃的な恋、そこから派生する周りの人々の動き、そして殺人事件。
わかりやすい構図でありながら、とてもとても読ませるミステリでした。
真相、驚きました、私は。



こういうゴダードならまた読んでみたい!
ロマンチックな恋愛があり、過去のことが現在に及ぶ謎があり、人生の残酷さが美しさの中に潜んでいて。

・・・・・・・・・・・・・・

運の悪い独身女性葉村晶探偵が帰って来た!
全く前のシリーズ本を読んでなくても楽しめます。
シリーズ中、私は一番好きだなこれが。
ビブリオマニアの心もくすぐりながら、二重三重の謎がぱらぱらと最後ほどけていくところが素敵。


このシリーズに突然はまっちゃってはまちゃって!
奥田英朗がまた私の中で再燃した一冊。
家庭のちょっとした出来事、を描いているんだけど、ウェットではなくしかも落ち込んでいる時に読むと、すかっとする一冊。
次作品もお勧め。
そして三冊目、今の楽しみにしている本です。


きょんきょん、侮れず!いや侮ってないけど。
平易な言葉で素直に感想を述べているところが好感度大。
かいま見える彼女の生き方みたいなものにもどきどき。