2016.01.04 追いかけるな


評価 4.9

作者ファンなので、贔屓目で。

物事をきちんと見つめる。
道理の通らないことに筋を通すようにする。
伊集院静の佇まいが、武士道というのを思わせた。
彼のちょっとした言葉とかが胸にしみる、これだけの壮絶な死を数々経験してきた人だからこそ発する言葉、というのが存在しているのだと思う。時にユーモアを交えて(馬鹿犬君とのひと時の話は微笑ましい)
前の奥さんが亡くなった時に、彼女の祖父に呼ばれて言われた言葉も忘れられない。
そしてそれを咀嚼した上で、伊集院静はこういうのだ、

いつまでもつまらぬものにこだわるな。