評価 4.9

それはそれは楽しんで読んだ。
池上さんのテレビで語られていることが多かったのだが、それをこうして政治家別にまとめて、生い立ちから彼ら彼女らの政治信条までコンパクトにまとめてくれているのが本当にありがたい。
一過性のテレビと違って本は何度でも読み返せるから、納得いくまで自分のものにできる。

プーチンがこの中で面白かった。
出自は知っていたのだが、その細かいところはわからなかったのでそこが目新しかった。
またトルコのエルドアン大統領も、方向性が違っているというのは思っていたが、こういう風になってるんだ!と目から鱗だった。
あと、最後のイランのアリー・ハメネイはマスコミで取り上げられるのがほかのトップ層と比べて低い気がするが、全く知識がなかったのでここまた興味深く読ませてもらった。

政治家編の次は何だろう?
またわかりやすい語り口が続くと思うと楽しみなシリーズだ。