2016.07.03 亀と観覧車


評価 3.5

で?

冒頭から、暗い話が続く、
いわく、高校生でホテルのベッドメイキングのアルバイトをしている女の子
いわく、そのホテルの屋上で観覧車を見る
いわく、家に帰ると生活保護費で生活している両親がいる
いわく、その両親の父親は無職、母親は欝病でパチンコ狂い
いわく、食事を娘が作らないと二人とも不機嫌
いわく、娘はそれでもけなげに夜間高校に行っている
いわく、娘の夢はこの家を出ることだ
いわく、娘は亀を育てている

・・・・
ある集まりで偶然余命いくばくかの作家と知り合う。
彼は女子高生のことをほめてくれる。
いつしか心を惹かれていく・・・そして・・・・・

中盤意外な展開がある。
けれども最後までそれはどうなるのかわからない。

で?

以下ネタバレ
・母親が父親を殺害した、頼まれたと言って。
その死体をずうっと放置。

・え?

・何度も作家先生のところに行って、最終的に処女をささげる。

・え?

・途中でこの女子高生も母親を殺した(というほのかな描写がある)

・でも女子高生はそれを意に介せず、作家先生と沖縄へ。

・ええっと・・亀は?あれだけ執着していた亀は?

・会話の中の「      」の空白は何か。
これは新しい趣向か。

・で?

ああ・・・大好きな作家なのに、樋口有介、わからなくて申し訳ない。