評価 5

ああ・・・すごくよくできている。
小説ではなく脚本だし、ローリングさん一人で書いたわけじゃなさそうだし、危惧しながら読んだけれど、いい味わいで堪能した。
この舞台見てみたかった!

まず、ハリー・ポッターとジニーの息子がアルバス。
一方でハリーの宿敵だったドラコ・マルフォイの息子がスコーピウス。
ハーマイオニーとロンの娘がローズ。
このあたりを押さえておけば、後は自然に物語に身をゆだねることになる。
二世の物語だ。

冒頭のあたりでハリーが今何をしているか、ハーマイオニーが何をしているか、ロンはとかそのあたりもうまく提示されている。
同時にアルバスというハリーの息子が、あのハリーポッターの息子であるという宿命を非常に重く感じているということもわかり、彼が実に屈折した感情を持っているというのもわかるのだ。
また、以前角を突き合わせていたドラコの息子のスコーピウスの周りには彼がヴォルデモートの子供ではないかといううわさが立ち込めていてこれはこれで彼を孤立させている。

ここで面白いと思ったのは、かつての仇敵と言ってもいい同志の息子たちが親友にあっという間になるからだ。
そしてなんていい子なんだろう、憎まれ役のドラコの息子なのに、スコーピウスは。
前半で彼が屈折し暗い心を持ったアルバスの常に味方になってくれている、そして自分もまた彼によって救われている。
この友情がまぶしい。
ホグワーツに向かう列車の中の一場面も、ハリーポッターたちの出会いを考えると(本人たちも言っているけれど)全てが始まるところでどきどきした。
しかもホグワーツで組み分けされたところがハリーポッターの息子なのにスリザリン・・・彼が更に意気消沈するのがわかる。
そしてハーマイオニーの娘のローズは若いころのハーマイオニーとそっくりなのだ、傍若無人さとか優等生ぶりが、ここはハーマイオニー二世とも言えるだろう。

・・・・・・・・・・・
この話、懐かしさだけではなく、話としてもとても面白い。
それは、SF改変の話だからだ。
もし、もしあの時にセドリックが死んでいなかったらの世界。
それをハリーの息子とドラコの息子が結託して逆転時計を使って(ないと思っていたが探し出す)、過去に戻る。
ところが、過去から戻ってきた現在は、思っていた現在ではなくなっている。
再び直しに行くのだが・・・・
ハリーのおそわれるところまで見ることになるアルバス・・・
これが二回ある、歴史をいじると現在が変わってしまうということに挑戦している脚本だ。
しかもアルバスとスコーピウスは時の過去に閉じ込められてしまいなんとか父親たちに自分たちのいる場所を知らせようと知恵を絞る・・・・
多分脚本としてはとても手が込んでいると思う。

しかも、そのセドリックが死んでいなかった世界を作り上げようとしたきっかけになったことには、意外な真相が隠れていた・・・

・・・・
嘆きのマートル(懐かしい!)、マクゴナガル先生(校長先生になっている)、組み分け帽子、先生になったネビル、過去の事故が起こった大会のもろもろ、ゴドリックの谷、死喰い人、魔法省、とハリーポッターを全編知っていれば、くすぐる要素がたくさんある。

と、楽しんだのだが・・・一点
訳での疑問。
94ページ、待ってちょうだいの長太郎・・・ってあまりに日本語すぎないか。長太郎って。言葉遊びなのだろうが原文が。ここはなんとも・・・

以下ネタバレ
デルフィーがヴォルデモート卿の娘であった。