2017.07.10 ミツハの一族


評価 4.6

これってあれ?あれ?あれ??
いくら鈍い私でも、あれ?と思った。
そして解説を読んでやっぱり!あれ。
だって・・・一章の終わりから二章にかけ、そして最終章に至るまであれで満ちている・・・
最後、ひどすぎやしないか・・・

かつての北海道の地に
未練を残して死んだ者は鬼になり、生活の基盤である水を濁す。
その鬼を見て、その未練を想像する役目を持つ人間が集落にいる。
まず見てその様子を語るのが、八尾一族の水守、水守は、昼は目を開けられず夜になってようやく見ることができる。
そして鳥目役は昼間しか世の中を見ることができないが、彼が水守のいったことを分析して、未練を考える。


黒目がちの鳥目役の八尾清次郎が主人公となっている。
彼はH帝国大学で学ぶ医学生だが、水が濁ったことによってたびたび故郷から呼び戻される。

不可思議な水守と鳥目役の関係が目を引く。
どちらも目に一種の障害があるので、昼に目を開けるものと、夜に目を開けるもの、ということで二人の接点がほぼないのだ。
それでも二人の苦悩というのはそれぞれにあるので、なんとなく二人は理解しあっている。
強烈に美しい水守に徐々に惹かれていく清次郎の止まらない気持ちというのが切ない。
それぞれの未練、というのは、それほど大きなものではない、謎として。
でもその未練が鬼に自分をしてしまったというのが痛いほどわかる。

ラストもまた切ないし残酷だ。

以下ネタバレ

これはBL?
水守が一章で女であると思っていたら男だった、という驚愕事実がある。
それでもなお、彼(彼女)に惹かれ続ける清次郎。
最後その気持ちの未練ゆえに、事故で死んだ清次郎の霊は鬼になってしまった・・・