2017.07.15 海岸の女たち


評価 4.8

取材に出かけたフリージャーナリストの夫。
彼からの連絡が突然途絶える、それも10日間も。
ニューヨークの舞台美術家の妻のおなかの中には子供が・・・
そしてパリからの夫からの手紙には謎めいた写真が入ったディスクと手帳があった・・・


まあ・・・この妻アリーがアクティブなのだ。
ディスクと手帳という心もとない手がかりをもとに(それのみで)、ああだこうだ考える前に行動しよう!ということで、なんだかやたらめったら突撃!みたいにしてニューヨークからパリへ飛んでしまう。
でもこの捨て身の行動、が実を結んだのか、最初全く何もなかった状態から徐々にオットがいったい何をしていたのか、何の取材をしていたのか、というところまで突き止めていく。
ヨーロッパの都市からリゾート地まで彼女は足を運ぶのだった、ひたすら愛する夫のために。
この場合、探偵役が妻になっているのだと思う。
全くの見知らぬ土地でしかもおなかに子供がいるのに(まだ初期とはいえ)、ぐいぐい進んでいく行動力には脱帽する。

最初の方で、よくわからない場面が海岸でいくつか点在している。
・靴のない少女が海から上がってきて、靴を見つけた話
・男性と海岸で関係を持ち、そこで死体と遭遇したテレーセという女の子の話
この二つがあとから関係してくるのだ、アリーの捜索に。

最初の内、(これは失踪した夫の秘密の生活の暴露?)というようなミステリだと勝手に思っていた。
けれど、開かれてみると、これは紛れもなく社会派のミステリであった。
話の裏側で響いている重低音は、ヨーロッパの移民問題であり、密入国であり、人種間の闘争であり、そして奴隷の人身売買まで行きつくという、結構ハードな物語だ。
夫がジャーナリストとして認められる賞を惜しくも逃してから、この問題に肉薄していってその結果失踪した。
この経緯も良くわからないまま突進していく妻のアリーの姿が勇ましい(と同時におなかに子供がいることを思えば所々で無謀だなあ・・・とは思うものの)

にしても、私はこの話の中で一番驚いた部分が、夫婦間のことだった。
ここで驚くのもおかしいのかもしれないが・・・本筋とずれている?
いや、でもこのことが非常に大きなポイントともなってくるし、最初の二人の女性の海岸での出来事を後から読み直すと、ここと合わせてなるほどなあ・・・と思うのだった。
ちょっと前に読んだ本と同じパターンなのに全く気付かなかったのだった。
え!と。
文字で読んでいて、夫は失踪してかなりハンサムのジャーナリストで、妻は舞台美術家のキャリアウーマン、という設定でこちらが想像していた夫婦とは全く違っていたのだった。

そしてこの物語、アリーの側の話もまたある。
アリーがもともとチェコの人間であり、彼女自身は過去の自分を否定するような生き方をしていた。
しかも今、夫と幸せに暮らしていたのだ。
けれど、夫が失踪して探しているうちに、内なる自分の出生にも目を向けていく物語でもあるのだ。
ホテルに泊まり、最後にオットが電話していた部屋に泊まり、彼が見たものを想像し、火事の跡を見つけ、、人権活動家のところに行き、夫の知り合いの女性のところに行き(軽く嫉妬しながら)、架空の会社の裏側、に行き、夫がトラブルを起こしたらしいレストランに行き、そこでの出来事を何とか聞き出そうとし、とずるずるっと紐が引き出されるように、妻は真相に近づいていく。彼女に警告する女性というのもまた現れる。
この連続した妻アリーの足跡は読ませるところだと思った。
そして黒幕はいったいどこにあったのか・・・・

後半、あまりにむごいことがある。
それが、妊娠していた女性だからこそむごい。
この場面って必要なんだろうか。
そして最後に更に過酷な真実が・・・

以下ネタバレ
・私が驚いたのは、
かなりあとになって、ジャーナリストの夫が黒人だったという事実が明らかになったことだ。
ハンサムな黒人と白人の妻の組み合わせだったのか!!
ここが文字の面白いところだと思う、なぜなら、夫の写真を毎回色々な人に見せているのに私たちはそれを見ることができないのだから。

そして彼が黒人だったことにより、彼が死んで海岸に漂着しても、それな難民だと思われたというのがよくわかる。
アフリカ難民の溢れていたこの時代、なので、漂着はほぼ黒人だったのだ。
密航船が溢れていて(これは最初の描写でもわかるし途中でも過酷な船内の様子がわかる)、そもそもヨーロッパに着くことすら難しい。着いたら着いたで搾取される人間たち。
しかも最初の方で黒人の死体を踏みつけた女の子の話が出てくるが、これが夫だったとは。

・妻アリーが妊娠していながら、黒幕の手先にレイプされる場面がある。
ここ必要な話だったのだろうか?
あまりにむごい。